折りたたみ自転車の専門店キャラウエイのお客様サポートのページ

自転車通販Topお客様サポートメンテナンス > リム、車輪の調整方法

メイン

リム、車輪の調整方法

ニップル回しによるリムの振れ取りの説明。
リムの調整方法
難易度 上級

リムが振れるとブレーキにあたって
シューシューを音をたててやかましかったり
自転車を運転するとき不安定になったっり
何かと 気持ちの悪いものです。

ここではそんな問題を解決するための
リムの振れとりの調整方法の説明です

マズは今回の構成品名前から説明します

リム、ニップル、スポークの3点です
工具は専用の「ニップル廻し」を使用します。

自転車に乗るときは
リムの振りはよく起きる問題です 
本気で自転車と付き合いたい方はぜひ
ニップル廻し」もご購入下さい。


リムの調整方法
図1


図2は 「ニップル廻し」でニップルを回転させている図です
工具に溝が数本あるのは
ニップルには 太さに種類があるからです。

この作業でニップルの山を
つぶさないように気をつけて下さい。

ニップルの山をつぶすと
タイヤをはずして 新しいニップルに付け替えないと
いけません。

また スポークのネジを痛めやすいので
細心の注意を要します。
ニップル廻し
図2

構造としては
図3のように ブルーで示されたニップルを締めると
右に引っ張られる力が働くので
リムは右に寄ります

また 赤色で示されたニップルを締めると
逆に 左に引っ張られる力が働くので
リムは左側によります。

リムが左右に振れるのを最小限に調整し 
ブレーキに タイヤがあたらないように調整します。

この作業は一つ間違うと 
リムが大きく変形することがあります
ニップルを締めたり 緩めたりする時は
半回転ぐらいからはじめてください、

また 力づくで廻さないように気をつけて下さい。



メンテナンス、整備は自己責任でお願いいたします
リムの断面
図3